岡本工機は、最先端技術であらゆる産業を支える岡本工作機械製作所グループです。
岡本グループで培った高い技術やノウハウを活かし、オーダーメイドで、お客様のご要望に応えうる、オンリーワンの専用工作機械を製作します。

完全オーダーメイドの専用機械を製作

NC内外端面複合研削盤

ロータリテーブル・立形旋回式の砥石ヘッドにより内面・外面・端面研削加工、また端面・外面の同時加(アンギュラ加工)を可能にしたNC内外端面複合研削盤です。 自動工具交換装置(ATC)を搭載。
角度をつけた長寿命のロータリードレス装置で砥石の外周面と端面の両方を自動でドレスすることにより、加工効率を向上させます。
岡本工機に、テスト機をご用意しておりますので、お客様の条件に沿った加工テストを実施することも可能です。
お気軽にお問合せ下さい。
機械詳細については、紹介ページからご覧頂くこともできます。

岡本工機製NC内外端面複合研削盤

立型両頭専用研削盤

砥石2軸により両側面・端面の高速スルーフィード研削が可能です。
2本の立軸スピンドルの外側にドレス軸を配置し、ドレス時間を短縮します。
加工後自動計測をおこないNCにフィードバックにより安定した品質を実現します。
グリースは自動集中給油でメンテナンスフリーです。
お気軽にお問合せ下さい。
機械詳細については、紹介ページからご覧頂くこともできます。

立型両頭専用研削盤

岡本工機の工作機械とは

岡本工作機械製作所は、国内での研削盤メーカーのパイオニアとして、1930年に歯車研削盤、1953年には平面研削盤の国産1号機を開発し、世に送り出しました。
現在においても、工作機械だけでなく半導体関連装置の両分野における「総合砥粒加工機メーカー」として、最先端産業を支えています。
岡本工機は、岡本工作機械製作所グループの一員として、その一翼を担い、グループで蓄積してきた高い技術やノウハウを活かして専用工作機械を完全オーダーメイドで開発・設計・製作しています。
もちろん、これらの機械以外にも、お客様のご要望に合わせた専用工作機械をオーダーメイドします。
また、各種工作機械のオーバーホール、レトロフィット事業も行っています。
その他にも、工作機械部門では対外的に販売する機械以外に、社内向けの設備機械の製作も行っています。
最先端産業を支える岡本工作機械製作所グループとして培った高い技術やノウハウを活かした社内設備を製作できることは、岡本工機独自の技術や製品の高い精度を
実現できる源です。
そして、社内で使用する上で最適な機械を製作することにより、機械メーカーとしてだけでなく機械を使用するユーザーとしての視点も取り入れることができ、お客様に満足していただける機械が製作できるという点も岡本工機の大きな強みと考えています。

岡本工機製工作機械一覧