製品紹介

岡本工機のこだわり

About us

歯車メ-カ-として長年培ってきた伝承技術と最新の加工設備により岡本工機の歯車が造られています。 
歯車の精度・材質・熱処理・表面処理・耐久性・静粛性・低振動化など、歯車に関わる全ての面において技術を追求し、より高性能・高品質な歯車造りを目指しています。 

歯車の品質は工程で造り上げていくものです。 

各工程に厳しく品質をチェックする体制を整えています。この体制は、ほとんどの工程作業者が測定の能力を身につけ、自ら厳しくチェックしながら後工程に不良品は送らないという強い責任感を持って歯車の品質を造り上げています。
各工程には、工程チェックシ-トがあり決められた頻度で漏れなく確実に測定し測定値を記入し保管しています。

歯車の加工が完了した後には、完成検査工程で、測定を専門とするエキスパ-ト達が厳しく検査し合格すれば、製品としての出荷が許可されます。 
歯車の使用は多岐にわたりますので、歯車の精度検査についても、仕様に合わせた検査機器が必要となります。
岡本工機では、噛み合い試験機、三次元測定機、歯車測定機、真円度測定機、粗さ形状測定機等の検査機器をあわせて89台保有しています。 
歯切盤や歯車研削盤と同じく、社内で必要とする仕様に合わせて自社にて製作した検査機器もあります。 
充実した検査機器を使用し、まがりばかさ歯車においては大半を、全数噛み合い検査しています。平歯車の噛み合い検査も一部実施しています。検査デ-タ-は、保管、管理しています。

これらが『世界に誇れる音にこだわったオンリ-ワン歯車』を生み出す源です。

これからも岡本工機は歯車のプロフェショナルとして音にこだわり歯車を造り続けていきます。